書店

こころのメモ帳

読書のしかたを変更しました

 ただ本を読むだけなのに、幾つかの方法があるのかと驚く人もいるかもしれません。  「娯楽としての読書」なのか、「知的好奇心の読書」なのか、それとも「インプットの為」なのかなどによって、読み方が違ってくると思います。  私の読み方は、ど...
こころのメモ帳

読書をすると心が落ち着く

 やはり私は、読書が本当に好きなのだと実感しています。  今は、読書ができて、とても楽しい時間を過ごすことができています。  この時間がもっと長く続けば良いけれど、そういうわけにもいかないのが、生きていくということなのかもしれません。...
こころのメモ帳

本を整理しました

 あまり読まなくなった本や、興味が薄れたテーマの本などを、思い切って整理してみました。  この先も、新しい本は増えていくと思うので、入れる場所を確保しておかなければならないのです。  売ることも考えてはいるのだけれど、一度手にしてしま...
こころのメモ帳

BOOK OFF で本をたくさん買いたかったけど・・・・

 今日、どうにも本を買いに行きたくなって、BOOK OFF に行きました。  読書を主にすることを決めたので、そうなるとまだ読んでいない本が欲しくなりました。  こういう時は、直ぐに行動できてしまう私。  10冊くらい買うつもりで出...
こころのメモ帳

やはり私は読書が好き

 なんだかんだ言っても、私は読書が好きなのです。  なのに、それを制限するようなことをしていました。  この頃の生活リズムの不調は、やはり読書がちゃんとできていなかったのです。  これからは、読書時間をしっかり確保していけるように、...
こころのメモ帳

ただ本を読めばイイということではない

 今の私は、ただ本を読んでいると言うだけになってしまっています。  それでは全然ダメで、知識にもなっていないし、知恵にもなっていない。  それを解消する為には、「アウトプット力」が必要なのだけれど、その「アウトプット」をどうしたら良い...
こころのメモ帳

書評を気にしない本選びが大事

 本を購入する時、書評を気にしながら選んでいる人は多いと思います。  後悔したくない気持ちがあると、つい、気になってしまいますよね。  私も、気にする時は気にしてしまいます。  でもそれって、問題ないのかなぁ・・・・って、この頃思い...
こころのメモ帳

タイトルで判断するのは仕方がないところ

 本のタイトルに魅かれて買ってはみたけれど、たまには期待外れの本もあるのです。  どうしてもタイトルで判断してしまうところはあるけれど、大事なのは中身なのです。  なんでもかんでも、自分の思い通りの本を手に入れられるとは限りません。 ...
こころのメモ帳

本は友だちです

 本に囲まれていると、リアルな友だちの必要性をあまり感じなくなってしまいます。  人付き合いが苦手な私にとっては、やはり著者が友だちなのです。  それで十分満足なところもあるのです。  今は、読書に多くの時間を割きたいところもあるの...
こころのメモ帳

私には、精読が一番知識が得られる方法なのです

 精読、この言い方が良いのかどうかは分からないけど、私には、やはり同じ本を何度となく読むことが必要なのです。  本に書いてある内容を、しっかり自分のものにする為には必須なのです。  読書に関する本何冊かにも、同じ本を数回読むことを進め...
タイトルとURLをコピーしました